スタッフブログ

箕面市 瓦屋根の無料点検

2022年1月17日|カテゴリー「スタッフブログ
※2022年1月17日 記事更新

こんにちは!瓦屋根救援隊です。

瓦屋根救援隊は、大阪北摂地区を中心にこれまで様々な屋根の点検やメンテナンス、工事をさせていただきました。

耐久年数が長く、頑丈な瓦屋根にもやがて経年劣化し傷んでくる箇所があります。

今回は箕面市にお住いの方からご依頼があり、瓦屋根の劣化調査のため無料で点検に行ってきました。

写真とともに、瓦が剥がれやすい箇所や、漆喰などが経年劣化しやすい箇所をご紹介したいと思います。

箕面市 瓦屋根の無料点検

棟瓦の歪み

歪んだ棟
屋根の頂上に位置する水平部分を棟といいます。

その棟の一番上にかぶせてある半円状の瓦を冠瓦といいますが、棟の瓦の並びを真上から見てみると、冠瓦(かんむりがわら)の並びが全体的に右側に歪んできているのが分かります。

これは棟の瓦を支えている漆喰や葺き土が、経年劣化して固定力が弱まっていたり、瓦を束ねている銅線が緩むことにより起こります。

熨斗瓦を支える漆喰の劣化

崩壊した熨斗瓦
破風尻部分にある短冊状の瓦を熨斗(のし)瓦といいます。

この部分は雨風の影響を受けやすく、瓦を支える漆喰や葺き土の劣化が比較的早く始まる箇所です。

こちらの屋根でも、葺き土が崩れて熨斗瓦がほとんど剥がれてしまっていました。

ケラバ瓦の剥がれ

剥がれたケラバ瓦
瓦屋根で1番面積の大きい斜面の部分を平部(ひらぶ)といい、その端の部分をケラバといいます。

このケラバの瓦は他の平部の瓦に比べて雨風の影響を受けやすく、剥がれたり落下しやすい部分です。

こちらの屋根では連続して剥がれていました。

ここまで剥がれてしまった場合は、一旦残っているケラバの瓦を全て捲って葺き土を清掃・撤去し新たになんばん漆喰を使用して瓦を葺き直す必要があります。

瓦のヒビや割れ

欠けた瓦
瓦は耐久年数100年ともいわれる、非常に頑丈な屋根材です。

ただ、強風時などの飛来物や、アンテナが倒壊した際の衝撃があった場合には欠けたり割れたりしてしまいます。

こちらの屋根では1枚だけ、飛来物の衝撃で割れていました。

無料点検は災害対策にもなります

日本の瓦屋根は非常に耐久性が高く、頻繁にメンテナンスする必要はありません。


ただいくら頑丈でも、今回ご紹介したように、劣化が始まっていたり災害時に損傷しやすい箇所はあります。


瓦屋根救援隊では、快適なお住まいづくりのお手伝いとして瓦屋根を無料で点検・調査をしております。


少しでも不安な点があったり、気になるなと感じたら、まずはお気軽にお問い合わせください。


専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。

高槻市 台風で損傷した瓦屋根の無料点検レポート!

2022年1月11日|カテゴリー「スタッフブログ
※2022年1月11日 記事更新

こんにちは!瓦屋根救援隊です。

高槻市で台風による瓦屋根の被害にお困りですか?

台風による瓦屋根の被害は、大きく2つに分けられます。

1つは、強風による飛来物が瓦屋根に衝突して瓦が破損する被害です。

そしてもう1つは、瓦を支える漆喰(しっくい)や葺き土(ふきど)の劣化により固定力が弱まった瓦が、強風により剥がれて崩れたり落下りする被害になります。

今回は、高槻市にお住いの方からご依頼があり、台風による瓦屋根の損傷を点検した際の様子をくわしくレポートします。

高槻市 台風で損傷した瓦屋根の無料点検レポート!

強風時の飛来物による瓦屋根の被害

飛来物で割れた瓦

割れた瓦屋根

実際に屋根に登り、瓦屋根の隅から隅まで点検してきました。

まずは、飛来物が衝突した際に出来た瓦の破損を2か所発見しました。

瓦自体は屋根材としての耐久年数が長くかなり頑丈なのですが、素材は土器と同じなため、昔の瓦は特に衝撃には弱く、強風時の飛来物が原因で割れてしまうことが多々あります。

漆喰と葺き土の劣化が原因で崩れた棟

葺き土が崩れ出した棟

崩れた熨斗瓦

築20年以上の瓦屋根の場合、外から見える瓦の劣化はなくても、その下で日々瓦を支えている漆喰と葺き土は劣化していることが多いです。

漆喰は、温度変化や雨風に晒されることによって劣化してパサパサになり、隙間が出来始めます。

そこに更に雨水が侵入すると、漆喰だけでなくその下の葺き土も濡れて崩れ出てきます。

こちらの屋根も、棟を支える短冊状の熨斗(のし)瓦部分の下の葺き土が崩れ出てしまっていました。

葺き土がこれだけ崩れてしまうと、支えを失った熨斗瓦は強風の影響で剥がれて雨水の大きな侵入口となり、やがて雨漏りに繋がります。
棟から剥がれ落ちそうな鬼瓦

大きく隙間があいた棟

棟の端に設置された鬼瓦部分は、台風や地震の影響を受けやすい箇所です。

こちらは漆喰と葺き土もほとんど崩れていたので、今にも鬼瓦が剥がれて落下しそうでした。

ブルーシートが掛けられた棟
葺き土崩れが目立つ棟

被害が大きかった一部の棟には、ブルーシートで応急処置をされていました。

棟の頂上にあった冠瓦が連続して剥がれており、葺き土が剥き出しになっていました。

ここまで剥がれてしまった場合、次の雨で棟が総崩れになって屋根の下地や室内にも被害が及びかねません。

こちらにお住いの方には調査報告書と共に、棟の取り直し工事と一部瓦の差し替えをご提案いたしました。

棟の取り直し工事とは、残った棟の冠瓦や熨斗瓦、鬼瓦も一旦全て捲って葺き土を撤去・清掃し、新たに瓦を積み直す工事です。

積み直す際には葺き土は使用せず、なんばん漆喰のみを使用します。

なんばん漆喰は、葺き土+漆喰両方の役割があり、防水性が高く頑丈で崩れにくいのが特徴です。

池田市なら瓦屋根の点検・調査を無料でさせていただきます!

頑丈で耐久年数の高い瓦屋根でも、築20年以降は特に点検やメンテナンスは重要です。


定期的なメンテナンスをしておくと、災害時にも被害が拡大せず長い耐用年数を保つことができます。


ただ、ご自身で屋根に登って屋根を点検するのは転落、転倒などの事故に繋がるおそれもあるので、大変危険です。

瓦屋根救援隊では、瓦屋根についてのご質問やご相談を専門スタッフが無料で受け付けています。
(ご希望の場合は、プロの職人が無料で屋根の点検に伺わせていただきます)

お電話やお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

池田市 漆喰が劣化した瓦屋根

2022年1月9日|カテゴリー「スタッフブログ
※2022年1月9日 記事更新

こんにちは!瓦屋根救援隊です。

池田市で瓦屋根の漆喰工事をお考えですか?

今回のブログでは瓦屋根に施工されている白い部分「漆喰(しっくい)」について詳しく解説します。

池田市 漆喰が劣化した瓦屋根

劣化し始めた瓦屋根
瓦屋根を施工する際に使用される漆喰は大変頑丈なのですが、20年から30年で劣化し、割れ・剥がれが特に屋根頂上の水平部分の棟部で見られるようになります。

その状態で地震や台風の影響を受けると、雨漏りが起きたり、瓦が剥がれたり落下したりという被害に繋がります。

漆喰とは

漆喰が劣化した棟部

漆喰は、瓦をしっかりと固定する接着剤として使われます


また撥水効果があり、雨水が屋根の下地に侵入するのを防ぐ、防水材としての役割もあります


漆喰の劣化がすすむと、この2つの役割がどちらも失われていくため、築年数が経った屋根の場合は特に、補修が必要になります。


現在はその劣化対策も進んでおり、耐久性の高い瓦に見合うように、なんばん漆喰と呼ばれる石灰や炭酸カルシウム、繊維を混ぜたものが使用されています。


葺き土は使用せず、漆喰と葺き土両方の役をこなすなんばん漆喰のみで仕上げる施工方法が主流です。


劣化した漆喰
実際に点検にうかがった瓦屋根の棟部がこちらです。

一番上の冠瓦とその下に3段積みされた熨斗(のし)瓦はまだ大きくズレてはいませんでした。
剥がれ・崩れが起きた漆喰
ただ、この熨斗瓦の下に白く見えている漆喰は、経年劣化が進んでいて、表面がパサパサになってところどころ剥がれてきていました。
鬼瓦まわりの漆喰劣化

大きく崩れた漆喰

装飾や厄除けの為に、瓦屋根の棟部分の端に取り付けられている瓦を鬼瓦といいます。

この鬼瓦廻りの漆喰は、劣化した場合に棟部の漆喰の中でも特に目立つ箇所なので、この部分のみの補修を依頼される方もいらっしゃいます。

漆喰は日々雨風にさらされて劣化してしまいますが、瓦を固定して支えていたり、雨水の侵入を防いだりしてくれるものなので、築年数が経っている場合は特に、災害対策としてメンテナンスしておくことが大切です。

今回は点検のうえ、棟部分の取り直し工事をご提案いたしました。

1度瓦を剥がし、下の古い漆喰や葺き土を撤去して、新たになんばん漆喰で既存の瓦を積み直す工事です。

メンテナンスが必要かどうかのご相談も受け付けています

漆喰のメンテナンスが必要とはいえ、住んでいる家の瓦屋根の劣化状態を把握するのは難しいですね。

瓦屋根救援隊では、

『そもそもメンテナンスが必要な状態か?』
『屋根の瓦を別の軽い瓦に変えられるか?』
『瓦が数枚だけ割れてしまった』
『工事するなら費用はどのくらい?』などのご質問やご相談も随時受け付けております。

専門スタッフが丁寧に対応させていただきますので、お電話やお問い合わせフォームからまずはお気軽にお問い合わせください。

豊中市 雨漏りが発生した瓦屋根

2021年12月20日|カテゴリー「スタッフブログ
※2021年12月20日 記事更新

こんにちは!瓦屋根救援隊です。

室内の天井から落ちてくる雨漏り。 居室内に入ってくる雨水の浸入口のひとつとして考えられるのが屋根です。

雨漏りが発生したということは、雨水の通り道になっている屋根の下地も濡れているということです。

そこからさらに雨漏りを放置した場合、内部の腐食が進んでかなり大がかりな工事が必要になります。

瓦屋根は、瓦自体は耐久年数100年とも言われています。しかし、漆喰は数十年に一度は修繕が必要で、屋根の構造上、特に棟部分のメンテナンスは必要です。

今回は、豊中市にお住いの方からお問い合わせがあり、瓦屋根の現場調査に向かいました。

ブルーシート養生した瓦屋根

応急処置として使用されたブルーシート

お問い合わせのあった屋根に登って点検をしました。

屋根の頂上部である棟に一部、応急処置としてブルーシートが掛けられていました。

もともと棟部分の瓦がズレているのはご存じだったようですが、修理するか検討しているうちに台風がきてしまい、更に損傷して雨漏りが発生してしまったようです。


のし瓦がズレた棟

ズレ落ちてきたのし瓦

棟部分の一番上の瓦が冠瓦、その下の短冊状の瓦が熨斗(のし)瓦です。

本来台風でここまで崩れることはないのですが、こちらの屋根は築年数が経っており、漆喰が劣化して瓦の接着力がかなり弱まっていました。
(熨斗瓦の下の白い部分が漆喰です)

漆喰が劣化すると接着力が弱まるだけでなく、乾燥して崩れることで隙間が出来、雨水の侵入口となって下の葺き土が濡れて腐食し、雨漏りに繋がります。

棟は、頂上で屋根の合わせ目を塞ぐことで、斜面側に水を流す役割をしています。

天候の影響を受けやすい部分でもあり、屋根の中でも劣化しやすい部分で、特に築20年以降は定期的に点検することをオススメします。

築年数の経った瓦屋根は、瓦の下全体に土を葺く土葺き工法で施工された屋根も多く、葺き土が劣化して腐食が進んでいることがあります。

今回は、残っている葺き土は撤去し、「アスファルトルーフィング」という防水シートを敷いてから、瓦を葺き替える提案をさせていただきました。
(耐震力に問題があるため、土は使用しません)
ヒビが入った瓦
台風や強風時、飛来物や小石などが飛んできて屋根に衝突することがあります。

飛来物の直撃は思いのほか衝撃が強く、頑丈な瓦でもこのようにひび割れが発生してしまいます。

どこも劣化していない比較的新しい屋根でも、災害時にこういった部分的な破損は起こり得ます。

でもこのような部分的な損傷の場合、破損した瓦の交換のみですむところが瓦屋根のメリットのひとつともいえます。

瓦屋根救援隊では、瓦1枚の交換でもプロの職人が喜んで対応させていただきます。

不安な箇所などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

茨木市 台風被害にあった瓦屋根

2021年12月6日|カテゴリー「スタッフブログ
※2021年12月6日 記事更新

屋根は普段目にすること少なくても、毎日、さまざまな天候からお住まいを守ってくれている大切な部分です。

日々の生活において、屋根の劣化を気にすることはほとんどないかもしれませんが、築年数の経った家や、昔の工法で作られた屋根は、思いのほか劣化している事があります。

近年は規模の大きい台風が頻発しており、雨漏りはしてないからと劣化を放置していると、取り返しがつかないほど屋根が損壊してしまうことがあります。

今回は、茨木市にお住いの方から「早急に屋根をみてほしい!」というお問い合わせがあり、現場に向かいました。
倒壊した棟
屋根の頂上にある棟部分です。
接着していた漆喰や葺き土の劣化に気づかないまま、台風がきてしまい、棟の頂上の冠瓦はほとんどすべて剥がれ、損壊しています。
下地の葺き土も剥き出しになり、雨風を受けて崩れ出している状態です。
剥がれた瓦
台風が来る前は、瓦のズレや剥がれがあるとは気づかなかったそうです。
ただ、こちらの屋根は築年数が経っており、以前主流だった土葺き工法で施工されていました。
経年劣化によりもともと瓦と下地に隙間があり、そこから雨風の影響をもろに受けて剥がれたものと思われます。
漆喰が劣化した瓦屋根

劣化して表面がパサパサになった漆喰

こちらの家は、普段雨漏りもなく、下から見上げても瓦の劣化に気づかなかった為、メンテナンスをしてこなかったようですが、瓦自体は頑丈でも、それを接着している漆喰はどうしても経年劣化します。

漆喰にはもともと防水性がありますが、年数が経過すると、表面から徐々に防水性が失われてしまいます。

防水性を失った漆喰は、やがて表面からパサパサに乾燥し、左写真のようにひび割れてきます。

そうすると瓦への粘着性が低下してきて、台風などの影響を受けて最後は剥がれて崩れ出してしまいます。
崩壊した屋根
瓦屋根は、1999年に工法が改定される前までは、瓦の下地として屋根全体に土を敷く土葺き工法が一般的でした。

土を敷いて屋根を重くすることで、建物の耐風力を上げるという考え方だったのです。

現在の瓦屋根は、科学的な実験データに基づいた「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に準拠した工法(通称:ガイドライン工法)で施工します。(葺き土は使用しません)

瓦自体にも防風対策が施されて耐風性や耐震性が飛躍的に高まっており、他の屋根材と比較しても、かなり優秀です。

今回お問い合わせをいただいた方は、これまでの瓦屋根の外観を変えたくないとのご要望があり、葺き直し工事を提案させていただきました。

従来の工法で使われていた葺き土を全て撤去して、既存の瓦を使い、破損した瓦のみ新調して耐風性・耐震性に優れた「ガイドライン工法」で施工する工事です。

瓦屋根救援隊では、屋根全体の葺き替え工事から瓦1枚の交換まで、喜んで対応させていただきます。

そもそも修理が必要かどうかのご相談も、専門スタッフが無料で対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。