摂津市 瓦屋根の瓦が剥がれやすい場所とは

台風などの風災後のニュースで上空からの映像を見ると、瓦が飛んだ屋根やブルーシートが掛けられた屋根をよく目にするかと思います。

瓦屋根の瓦は、素材自体は紫外線や雨風からの影響で劣化することはありませんし、強風に弱い屋根材ではありません。

ただ、漆喰や葺き土の「経年劣化」を長く放置していると強風により瓦が剥がれやすくなる箇所があるため、築後15年くらいからは漆喰の部分補修などのメンテナンスが必要です。

今回点検を行った摂津市の住宅の屋根は、「経年劣化」と「強風」で瓦が剥がれてしまったようでした。
瓦屋根の大棟と降り棟
瓦屋根の、2つの傾斜した屋根面が交差する部分に瓦が積まれた部分を棟(むね)といいます。

さらに棟の中でも、最上部にある水平部分を大棟(おおむね)、大棟から直角に前後へ下る棟を降棟(くだりむね)といいます。

斜面より高く瓦が積まれているこの棟は、雨風の影響を受けやすく、他の部分より漆喰が劣化しやすい部分です。
瓦が剥がれた降り棟

葺き土が剥き出しになった降り棟
点検していくと、まず降り棟の瓦がところどころ剥がれているのがわかりました。

この棟に積まれている短冊状の瓦を熨斗(のし)瓦といいますが、こちらの屋根では熨斗瓦が5段と高めに積まれていました。

棟は高ければ高いほど、風雨時には雨水や枯れ葉が溜まりやすく、漆喰や葺き土の劣化を早めます。

また瓦を多く積む分、漆喰と葺き土の補修をしないと震災があった際には崩れやすくなり、瓦の落下事故に繋がるためメンテナンスは必須です。

近年では安全性を優先して熨斗瓦の段数を減らし、軽量化するのがトレンドです。
瓦が剥がれたケラバ
瓦屋根の両端にある外壁から出っ張っている部分を「ケラバ」といいます。

この部分は特に強風や突風の影響を受けやすいのですが、こちらの屋根でも漆喰と葺き土が劣化して固定力がなくなっていたため、瓦が連続して剥がれていました。

近年では、葺き土を使用せずなんばん漆喰のみで瓦を葺くのが主流です。

今回は瓦を一旦剥がしてから葺き土を全て撤去・清掃してなんばん漆喰で仕上げる葺き直し工事を提案致しました。
今回瓦屋根の劣化しやすいポイントをご紹介しましたが、実際に屋根に上って瓦や漆喰の状態を見るのは大変危険です。

瓦屋根の上は想像以上に転倒しやすく、落下事故も少なくありません。

また、瓦屋根上で体重のかけかたを誤ると瓦が割れて余計な補修をしなくてはなりません。

決してムリをせず、瓦屋根救援隊の無料点検をお気軽にご利用くださいね。