吹田市 表面から見てもわからない瓦屋根の損傷

瓦屋根の損傷や損壊といえば、瓦が剥がれていたり、飛んでいってしまったところにブルーシートを張って修理するイメージがあるかと思います。

台風や地震などの災害後の報道でよく見かける光景です。

ただ屋根の損傷や劣化は、下から見上げたり表面を見てもわからないものもあります。

まだまだキレイだと安心していても、急に雨漏りが発生するケースもあります。
雨漏りが発生した屋根
今回は吹田市にお住まいの方から、「雨漏りするので屋根を見てほしい」とのご依頼があり、現場に向かいました。

家主の方は雨漏りが発生してから屋根を見上げて確認したようですが、特に問題ないと思われたそうです。

左写真が現場の屋根写真ですが、屋根に上ってみても確かに一見目立った損傷はないように見えました。
瓦が一部ズレた屋根
瓦屋根の斜面部分を平部(ひらぶ)といいます。

頂上に立って確認したところ、平部の瓦が一部連続してズレているのがわかりました。
瓦屋根の瓦の隙間
近くで見てみると瓦が連続してズレてしまっている部分には、雨水が容易に侵入できそうな隙間があちこちにありました。

こうなると、瓦の下に設置する防水シート(旧工法の場合は葺き土)のみが、雨水の侵入を留める役目を担うことになります。
劣化した瓦屋根の葺き土

土葺き工法による屋根の葺き土
土葺き工法とは、昭和前期より昔に施工された瓦屋根で採用されていた工法です。

瓦の下に適量の葺き土を用いて瓦を葺く工法で、防火性や通気性、断熱性に優れているとされていましたが、重さのある葺き土が家の構造体に負担をかける事と、震災によって瓦がズレ落ちる被害が相次いだため、衰退した工法です。

こちらの屋根はその土葺き屋根が頑丈に今まで家を守っていたようですが、わずかに出来た瓦の隙間から侵入した雨水により、濡れたり乾燥したりを繰り返した葺き土が劣化していました。

葺き土は経年劣化すると、痩せて瓦を支えきれなくなり、今回のように瓦がずり下がってさらに隙間を広げて雨漏りの原因となってしまいます。

今回は、瓦の下の葺き土を撤去・清掃して引掛け桟瓦葺き工法という新工法で既存の瓦を葺き直すご提案をいたしました。

野地板と呼ばれる板の上に防水シートを張り、その上に設置した桟木という木材に瓦のツメを引っかけて固定する工法です。(さらに釘で固定することにより瓦がズレ落ちにくくなります。)
今回のように、表面上はキレイな瓦屋根でも内部は劣化していたり、雨漏りの原因となって家の躯体を腐食させている可能性もあります。

近年関西でも台風や豪雨といった災害が頻発しており、災害直後は屋根の修理になかなか来てもらえないといったケースがほとんどです。

築年数の経った屋根は特に、何もない平時に1度点検をしておくことをオススメいたします。