瓦屋根に適用できる火災保険

瓦屋根工事に適用できる 火災保険

台風や積雪の重みなどで瓦屋根や建物の一部が破損してしまった・・・。
そのような災害に遭遇してしまった時に修理が必要ですが、工事費用のための急な出費に頭を悩まされます。

もしお客様が火災保険に加入されているのであれば、建物修理の際に利用できることがございます。
下記災害に関しましては、条件さえ満たせば保険による修理が可能です。
※火災保険は地震には適用されません。

ほとんどの火災保険に自動付帯されている補償
風災補償
風災とは一般的に台風や竜巻、突風、暴風雨など最大瞬間風速が秒速20m以上の風による災害のことを指します。
加入されている火災保険の特約オプションに風災補償がついている場合、その補償内容の条件を満たし風災だと認定されると基本的に保険が適用されます。

雪災補償
突然のゲリラ豪雨やヒョウ被害も最近多く発生していますが、この「ヒョウ災」で破損した場合も火災保険が適用されます。

火災保険を受け取るまでの流れ

強風・雪などによる被害に遭遇したら、まず信頼できるリフォーム会社に調査を依頼し修理工事の見積もりを出してもらいます。
調査により火災保険対象認定がおりたら次に必要になるのが火災保険の申請書類です。

火災保険申請に必要なモノ

火災保険申請に必要なモノ

上記3点が必要になります。
また「火災保険申請書」についてはお客様自身でのお取り寄せが必要です。

被害箇所の写真

被害箇所の写真
被害箇所の写真というのは、その名の通り破損時の現場写真のことで、保険会社が支払金額を決定する際に必要不可 欠なものとなります。

お客様が写真を撮るのに危険な厳しい場所でしたら、リフォーム会社に撮影を依頼しましょう。

申請時に注意するポイント

お客様にご注意いただきたいポイントが2点ございます。
申請時に注意するポイント
①保険金がリフォーム費用を下回るケース
ご契約内容によって受け取ることができない場合がございます。

申請時に注意するポイント
②保険金の振込に時間がかかる
申請されてから補償金を受け取るまで時間を要する場合がございます。
火災保険の申請お手伝いします
無料!お見積りご依頼 お問合せフォーム