茨木市 破片だらけの瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

今回は瓦屋根が全体的に割れ・欠け・破片まみれの危険な現場でした。
瓦が全体的に劣化しているので放置しておくと更に損傷が広がる可能性もあります。
また、周囲に破片が飛ぶことも十分ありえますのでこのような場合は早急に対処した方が良いです。

だからといってご自身で点検や修理をされることは禁物です。
特に今回は瓦の状態がひどいので瓦屋根に足を乗せただけで割れて滑落することもございます。

瓦屋根からスレート屋根への葺き替え

before
破片まみれの瓦屋根
瓦自体の損傷が多く見受けられます。破片もたくさん瓦屋根に乗っかっている状態です。
aroow
after
スレート屋根に葺き替え
スレート屋根に葺き替えました。
瓦屋根よりも軽いので建物への負担も軽くなり、耐震性もあがりました。

施工過程

破片が飛散した瓦屋根から、スレート屋根へ葺き替えまでの施工過程をご紹介します。

破片が一面に散らばっている瓦屋根
瓦屋根一面に破片が散らばっているのが見えます。
破片と瓦のズレ
瓦のズレもありました。
破片だけではなく瓦ごと落ちる危険性があります。


瓦屋根の瓦の除去作業中
瓦を取り除いていきます。


瓦屋根の瓦の下の土の除去作業
瓦を固定していた土も全て取り除きます。
瓦と土を全て取り除いた状態
瓦と土を全て取り除いた状態です。
こちらの屋根は薄い板を張った、とんとん葺きでした。
防水の役割を持っています。現在で言うアスファルトルーフィングです。今ではもう見られない施工法です。


野地板を張る前に抜き板をとめます
野地板を張る前に抜き板をとめます。
これは通気性の効果があります。
2人がかりで野地板を張っていきます
2人がかりで野地板を張っていきます。
野地板を丁寧に打ちつけていきます
しっかり打ちつけていきます。
野地板の張りつけの完成が見えてきました
だんだん野地板の張りつけの完成が見えてきました。
野地板は屋根に隠れるので目に見えませんが、垂木と防水紙・屋根材の間に存在する屋根の最重要部分です。


野地板の張り付けが完成
野地板の張り付けが完成しました。
屋根らしくなってきました。
丸められたシート状のものが改質アスファルトルーフィング
丸められたシート状のものが改質アスファルトルーフィングです。全面に張りつけて屋根の防水性能を向上させます。
改質アスファルトルーフィングの張りつけが完了
改質アスファルトルーフィングの張りつけが完了しました。日本で流通しているルーフィングのほとんどがアスファルト系のルーフィングです。


スレート屋根材を1枚1枚丁寧に張りつけ
今回はスレートへの葺き替えです。
1枚1枚丁寧に張りつけていきます。
スレート屋根材の張りつけが完成
スレート屋根材の張りつけが完成しました。
あとは棟板金をつけてスレート屋根の葺き替えが完了します。この記事の最初のアフター写真がスレート屋根施工の完成になります。