池田市 降り棟積み直し工事

瓦屋根は、瓦自体の耐久年数が他の屋根材と比較すると長く、また台風等で損傷してもその部分のみ補修が出来るのが大きなメリットです。

また、元々遮音性も高く、最近では洋風住宅にもぴったりの洋瓦やフラットな形状の平瓦などが多数あるため、現在でも瓦屋根は多用されています。

今回は池田市にお住まいの方からのご依頼で、瓦屋根の部分補修を行ってきました!

降り棟積み直し工事を行いました

before
瓦が剥がれた降り棟
瓦屋根の頂上にある屋根面の接合部分を大棟(おおむね)といいます。

雨漏りを防ぐために、この棟の部分には半円型の冠瓦を設置してあることがほとんどです。

その大棟から軒先に向かって直角にくだっていく棟を降り棟といいます。

この屋根では降り棟の瓦が剥がれていました。

aroow
after
積み直し補修完了した降り棟
降り棟積み直し工事完了です。

剥がれていない部分の瓦も一旦剥がし、なんばん漆喰で補修しました。

従来の葺き土より防水効果の高いなんばん漆喰は、経年劣化を防ぎ、屋根下地への雨水侵入を防ぎます。

施工過程

降り棟積み直し工事施工過程をご紹介します。
降り棟内部の葺き土
降り棟の残っている瓦を一旦全て剥がします。

築年数が経っていた為、内部には旧工法で用いられていた葺き土が詰められていました。

葺き土は経年劣化すると痩せてしまい、瓦の接着力がなくなって雨水が侵入しやすくなります。


葺き土撤去した降り棟
葺き土はもう使用しないので、全て撤去します。

瓦は天候の影響を受けて機能劣化することはほとんどないので、残っていた瓦は全て再利用します。

剥がれて落下した部分のみ、新規の瓦を補充します。
降り棟のなんばん漆喰
葺き土の代わりに、セメントを主成分とし、防水剤や粉末樹脂等が含まれたなんばん漆喰を施工します。

冠瓦を設置した際に空洞ができると瓦が密着しないので、隙間が埋まるように量を調整しながら施工します。
降り棟のコーキング作業
冠瓦を設置後、コーキング剤で瓦を繋いでいきます。

漆喰で接着し、対候性の高いコーキング剤で更に固定ながら冠瓦を設置しました。

この記事の最初のアフター写真が、降り棟積み直し工事の完成になります。