箕面市 瓦屋根の漆喰詰め直し工事

瓦屋根には、瓦と瓦の隙間を塞いで雨風の侵入を防ぎ、瓦がズレないようにするために漆喰が用いられます。

この漆喰は日々外気からの攻撃を受けて、経年劣化で汚れやヒビが発生し、やがて剥がれてくるのでメンテナンスが必要です。

現在は漆喰自体も改良され、経年劣化を防げるものもありますが、築年数が経っている屋根の場合は漆喰を詰め直すなどの補修を検討してみるのがオススメです。

今回は箕面市にお住いの方からご依頼があり、漆喰の詰め直し工事をしてきました。

漆喰の詰め直し工事を行いました

before
補修前の瓦屋根の面戸漆喰
瓦屋根の頂上は、屋根面の接合部分でもあるため、雨風の侵入を防ぐためにこのように瓦を複数段積み上げて施工されていることが多いです。

この瓦と屋根面の瓦の隙間を埋めている白い部分が漆喰です。

築年数が経っていたため、このように汚れてところどころヒビや穴がありました。
aroow
after
補修完了した面戸漆喰
漆喰の詰め直し工事完了です。

新しい真っ白な漆喰は、改良されたセメントベースの漆喰で、気候の変化に強く、耐久性が高いのが特徴です。

また、ここの漆喰は頑丈にしようとつい分厚く塗りすぎてしまうのですが、瓦よりも出てしまうと不要に雨に曝され、持ちが悪くなるので加減が必要であり、職人の腕の見せ所でもあります。

施工過程

漆喰の詰め直し工事の施工過程をご紹介します。
漆喰剥がし作業
まずは瓦槌で劣化した漆喰を剥がしていきます。
葺き土除去作業
漆喰を剥がすと内部から劣化した葺き土が出てきます。

こちらはご近所に砂埃が舞わないように、チリトリなどで丁寧に除去します。
漆喰混練り作業
セメントベースの漆喰を水と混ぜて練り合わせます。
水と練り合わせた状態の漆喰
1度水と練り合わせた漆喰は、気候にもよりますが長くても2時間程度しかもたないので、素早く施工に取り掛かります。
漆喰詰め直し作業
漆喰専用のコテで表面が均一になるように丁寧に漆喰を詰めていきます。

全部の厚さが均等でないと美しく仕上がらないので、ミリ単位で丁寧に素早く!がコツです。

この記事の最初のアフター写真が、漆喰詰め直し工事の完成になります。